研究部会の活動報告

2020.06.11更新

地域部会

岡山地域部会(第4期), 2014-2017年度

本部会は,岡山県と近隣地域の行動計量学に関する研究と研究者間の人的交流を積極的に行うことを目的に,日本行動計量学会から活動経費の助成を受けた行動計量学岡山地域部会の継続で,第4期(2014年度~2017年度)が終了しました.各年度の研究部会の活動報告は次の通りです.

・2014年度(研究部会:52回,53回,54回,55回)

第52回研究会は「ビジュアルデータマイニングと統計計算」というタイトルで,坂本亘先生(岡山大学),森裕一先生(岡山理科大学),Jürgen Symanzik(Utah State University)を講師に招き,5月31日(土)に開催しました.この研究会では,ArcView や XGobi の開発にかかわられている米ユタ大学のJürgen Symanzik 教授が韓国全州大学をサバティカルで訪問している機会を利用し,岡山理科大学にお招きしました.また,坂本先生と森先生には,統計計算アルゴリズムの紹介と数値実験による性能比較の結果を紹介頂きました.

第53回研究会は「潜在ランク理論の応用とソフトウェアの開発」というタイトルで10月31日(土)に開催しました.講師に清水裕士先生(広島大学)を講師に招き,清水先生が開発されたExcelで動作する統計ソフトHADの紹介と,潜在ランク理論についての最新の研究成果についての報告をして頂きました.

第54回研究会は「経済およびマーケティングの話題を中心として」というタイトルで,講師に三原裕子(岡山理科大学),柳貴久男(岡山理科大学),林俊克(就実大学)を講師に2月28日(土)に開催しました.三原先生からは幼児早期の死亡率低下に関する援助が経済発展に与える効果について,柳先生からは家計調査から見た岡山市の姿を,そして,林先生からは地方中堅私立大学に求められる価値についての報告をして頂きました.

第55回研究会は「データの分析手法とその応用」というタイトルで開催しました.この研究会は,大学院生を中心とした学生発表の会であり,岡山大学から1名,岡山理科大学から3名,大阪大学から1名,広島大学から4名の合計9件の発表があり,優秀賞1名とプレゼン賞1名を表彰しました.また,全体レクチャーでは,栁原宏和先生 (広島大学)に「情報量規準とバイアス補正」というタイトルの講演をお願いしました.

・2015年度(研究部会:56回,57回,58回,59回)

第56回研究会は「次元縮約とクラスタリング」というタイトルで,山本倫生先生(京都大学医学研究科医学統計生物情報学)とMichel van de Velden先生 (Econometric Institute, Erasmus University Rotterdam)を講師に招き,7月29日(土)に開催しました.山本先生は「DROC: An outcome-guided clustering using a component-based approach」,van de Velden先生は,「Cluster Correspondence Analysis」と「Least-squares Bilinear Clustering of Three-way Data」というタイトルでの講演をして頂きました.

第57回研究会は「統計教育」というタイトルで,Zenaida F. Mateo先生 (Department of Statistics, University of Manitoba, Canad)を講師に招き,9月26日(土)に開催しました.講演タイトルは,「An Overview of the Postsecondary Education in Canada and the Future of Statistical Education Research」と「Clicker Technology: Promoting Student Interaction in a Large Statistics Class Environment」で,カナダの大学における統計教育への取り組みを通じて,その方法論と統計研究についての講演をお願いしました.Mateo先生のクリッカーを利用した先進的な取り組みに対し,講演時間を超過するほどの多くの質問があり大いに刺激を受けたように見受けられました.

第58回研究会は,「統計モデルの理論と実データへの適用」というタイトルで,寺田吉壱先生(情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター),酒折文武先生(中央大学),黒澤大樹さん(中央大学大学院)の3名を講師に招き,10月24日(土)に開催しました.寺田先生には,「fMRIデータ解析に関する研究」,酒折先生には「スポーツと統計科学」と「隠れマルコフモデルを用いた東日本大震災の分析」,黒澤さんには「低階数行列のモデリングと画像処理」というタイトルでの講演をして頂きました.各講師には,統計学の実データへの応用についての話題を提供して頂きました.

第59回研究会は「データの分析手法とその応用」というタイトルで3月12日(土)に開催しました.この研究会は大学院生を中心とした学生発表の会であり,岡山理科大学から6名,島根大学から3名,広島大学から2名の合計11件の発表があり,優秀賞1名とプレゼン賞1名を表彰しました.また,全体レクチャーでは,山本英二先生(岡山理科大学)に「因果推論入門」というタイトルの講演をお願いしました.

・2016年度(研究部会:60回,61回(101回シンポジウム),62回,63回)

第60回研究会は「大規模データ処理とIR(Institutional Research)」というタイトルで計数理研究所の共同利用研究(重点テーマ4「学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」)との共同企画で2016年9月22日(木)に開催しました.本多啓介先生(統計数理研究所),藤野友和先生(福岡女子大学),水上祐治先生(日本大学)を講師に招き,大学のIR(Institutional Research)においても重要視されている大規模データの処理方法についての最新の研究成果をご発表頂きました.

第61回研究会(第101回行動計量シンポジウム)は「実データによる統計教育とデータサイエンティストの育成」というタイトルで9月24日(土)に開催しました.このシンポジウムでは,ビジネスをはじめ,あらゆる分野で,データサイエンスの重要性が増す中で,大学と企業における人材育成の現状の講演をして頂き,これからの統計教育やデータサイエンティストの育成について議論をおこないました.講演者は,横山暁先生(帝京大学経済学部),山口和範先生(立教大学経営学部),小木しのぶ氏(㈱ NTTデータ数理システム)であり,横山先生には研究室単位での統計の実学的教育,山口先生には全学的な統計教育の取り組み,そして小木氏には企業で求められる統計スキルについての報告がありました.質疑応答では,企業からの大学での統計教育の問題点の指摘や,高校教員からの大学への接続といった大学教育への要望があり,大学教員にとっては今後の統計教育の在り方について参考になることが多々あり,非常に有意義なシンポジウムになりました.

第62回研究会は「HadoopとSpark/Rによるビッグデータ解析」というタイトルで,山本由 和先生(徳島文理大学)を講師に招き,12月10日(土)に開催しました.この研究会では,大規模データの処理のためのHadoopと統計解析パッケージRを利用したビッグデータ分析がマーケティングデータ分析のビジネスでの活用方法についてセミナー形式でご講演いただきました.この研究会には, Hadoopの導入を検討している企業等からの参加者もあり,研究会終了後も実務的な質問あるなど活発な議論が交わされました.

第63回研究会は「データの分析手法とその応用」というタイトルで3月18日(土)に開催しました.この研究会は,大学院生を中心とした学生発表の会であり,岡山理科大学から3名,島根大学から1名,広島大学から4名の合計8件の発表があり,優秀賞1名とプレゼン賞1名を表彰しました.また,全体レクチャーでは,中川重和先生(岡山理科大学)に「正規性の検定について」というタイトルの講演をお願いしました.

・2017年度(研究部会:64回,65回(103回シンポジウム),66回,67回)

第64回研究会は「多変量カテゴリカルデータに内在する低次元クラスター構造の推定」というタイトルで10月7日(土)に開催しました.山本倫生先生(岡山大学),寺田吉壱先生(大阪大学),宇野光平さん(大阪大学大学院人間科学研究科)を講師に招き,次元縮約の計算アルゴリズムの紹介とその性能検証,および数理的考察についての最新の研究成果をご発表頂きました.

第65回研究会(第103回行動計量シンポジウム)は「マーケティングデータの解析とオープンデータの利用」というタイトルで,中山厚穂先生(首都大学東京),鶴見裕之(横浜国立大学),新免國夫氏(一般社団法人データクレイドル)を講師に招き,11月11日(土)に開催しました.このシンポジウムでは,企業データと公共データの解析および活用についてご発表頂きました.企業と大学教員との共同研究の進め方及び関わり方や,オープンデータの活用について参考になることが多々あり,活発な議論がこの会で交わされました.

第66回研究会は「統計教育の実践と理論」というタイトルで2月10日(土)に開催しました.福田博人先生(岡山理科大学)と藤木美江先生(愛知淑徳大学)を講師に招き,福田先生には日本における統計教育の現状と今後の在り方についての講演を,藤木先生には,先生ご自身が勤務校で実施した質問紙調査を用いた実践的教育と評価方法についての報告をご発表頂きました.

第67回研究会は「データの分析手法とその応用」というタイトルで開催しました.この研究会は,若手研究者を育てることを目的に,大学院生を中心とした学生セッションを設けており,岡山大学から4名,岡山理科大学から3名,島根大学から1名,広島大学から4名,そして東京理科大学からも1名の合計13件の発表があり,優秀賞1名とプレゼン賞1名を表彰しました.また,全体レクチャーでは,若木宏文先生(広島大学大学院理学研究科)に「ラプラス近似とその応用」というタイトルの講演をお願いしました.

岡山地域部会のWebページは,http://mo161.soci.ous.ac.jp/bsj_okayama/ で,研究会の予定などを公開しています.

研究グループ

非対称分析のための理論と応用, 2018-2019年度

この研究部会では,2者間の関係を考える場合に,その関係が対称的な関係ではなく,知人間の関係やネットワーク上の対話量など,本質的に非対称な関係が想定される場合について,その分析のための理論および方法について研究し,行動計量学の研究範囲をより広げるために以下のような研究計画のもとに活動を行なった.

・研究計画

社会行動科学から自然科学に至る広範な分野で観測される非対称関係データに関する計量心理学、数理心理学、数理統計学、地理学、政治学、社会学、マーケッティング、生物学、物理学、化学分野などでの各種のアプローチについて、各分野の研究者の間の学会発表等の相互交流を継続的に行い、非対称データを発生せしめる現象に関する学際的な理論的研究や応用研究について,以前の研究部会による成果も踏まえて行う。

・活動

2018年度においては,日本行動計量学会第46回大会(慶應義塾大学三田キャンパス)において, 特別セッション 非対称データの分析-理論と応用-を設けて,以下の4件の研究発表を行った.
・An elementary theory of a dynamic weighted digraph
○千野 直仁(愛知学院大学心身科学部)
有方向性グラフに関する時間軸での変化を捉えるための理論に関しての発表がなされた.
・単相 2 元非対称多次元尺度構成法の比較と検討 -距離モデルの場合-
○岡太 彬訓(立教大学),今泉 忠(多摩大学)
非対称類似度/非類似度を分析するためのモデルと手法について.Distance-radiusモデル,slide-vectorモデル,2相2元データとみなすモデルについて比較検討がなされた.
・対角要素に依存しない slide vector model の提案
○今泉 忠(多摩大学経営情報学部),岡太 彬訓(立教大学)
単相2元非対称類似度行列を分析する slide-vectorモデルでは同一の対象間の類似度が分析に影響する.そこで,この部分に影響しないモデルについて提案された.
・2 相 3 元 Dominance 点モデルを用いた Functional MDS について
○土田 潤(東京理科大学工学部情報工学科),宿久 洋(同志社大学文化情報学部
複数の時点から2 相 3 元非対称類似度行列を分析するためのDominance 点モデルにおいて,布置とDominance点が直行行列の変換のもとで変わるとしたモデルを提案した.

また,2019年度 日本行動計量学会第47回大会(大阪大学吹田キャンパス)では,次の特別セッションを設けて,非対称分析の理論と応用に関する研究促進を図った.
・An elementary theory of a dynamic weighted digraph (2) Its relation to the theory of evolutionarily stable strategy
○千野 直仁(愛知学院大学心身科学部)
2018年度の継続研究の成果の発表がなされた.特に微分方程式による表現の場合のその性質について発表がなされた.
・スライドベクトルを用いた Distance-association model について
○土田 潤(東京理科大学工学部情報工学科),宿久 洋(同志社大学文化情報学部)
スライドベクトルモデルを対象×項目からなる2相2元データへの適用としてDistance-association modelを提案した.特に反応確率を要素とするデータ行列への適用モデルについて提案された.
・単相 2 元非対称類似度行列の楕円モデルの適用可能性
○今泉 忠(多摩大学経営情報学部)
Distance-radiusモデルの拡張として,非対称関係の表現として円ではなく楕円を用いたモデルについて説明され,どのようなモデルを選択するかについて発表がなされた.
・画像データの分類によるブランドイメージの類似性と混同についての分析
○中山 厚穂(首都大学東京大学院経営学研究科)
Webに投稿されている写真データやビデオデータに対しての非対称多次元尺度構成法の適用について発表された.特に,写真データやビデオデータの解析ではCNNモデル よる深層学習モデルが適用された.
・特性に基づくブランドの評価
○岡太 彬訓(立教大学),鶴見 裕之(横浜国立大学)
ブランド選択の変化を捉えるために,特に,ブランドスイッチングにおける優劣関係を明らかにするために,3時点の隣り合う2時点間のブランドスイッチング行列の差の行列について特異値分解を用いた非対称多次元尺度構成法による分析について発表された.
発表タイトルも理論に関する発表や応用に関する発表などがあり,また,分野も広いものであった.

また,2019年度では,広く研究部会メンバー以外も含めるように,ラウンドテーブルを設けた.話題提供として多摩大学の今泉 忠氏による
「非対称分析から見えること,見えないこと 」
として発表がなされ,首都大学東京の中山 厚穂氏による「マーケティングにおける非対称データの活用」して応用場面の問題点が提起され,その後ラウンドテーブル参加者と活発な議論がなされた.

2年間の研究部会活動として外部研究者を招いた研究集会を開催する計画であったが,2020年2月~3月の外部環境の変化により開催できなかった.